不動産売却するならリースバックの仕組みも検討

不動産売却するならリースバックの仕組みも検討

リースバックの仕組みやメリットを分かりやすく解説

time 2023/08/06

リースバックの仕組みやメリットを分かりやすく解説

リースバックを利用される人が多くなっていますが、利用する人が多いということは何らかのメリットがあるから、このように考える人も多いことでしょう。ここでは、リースバックの仕組みを含めたメリットについて解説します。リースバックは、不動産売買契約と定期賃借契約を交わしてマイホームの売却と賃貸入居を行う不動産取引です。売買契約は、サービスを提供する会社と直接行うことになるので、サービスを提供する会社を決めればすぐに現金化ができるメリットがあります。

不動産買取と似ている部分も多いのですが、不動産買取の場合は契約が完了して引き渡しになるまでの間にその家から退去が必要です。リースバックでは賃借契約も結ぶ不動産取引になるので、この賃借契約期間内で退去すれば良いので引っ越しを焦らずにできるメリットもあるのではないでしょうか。ただ、このサービスの賃借契約は更新がないのが特徴です。一般的な賃貸物件の場合は2年ごとに契約更新があって、更新することで同じ部屋に住み続けることができます。

基本的には2年もしくは3年といった期限が設けてありますが、売却して直ぐに引っ越しをせずに済みますので、新居を借りるときの前家賃や敷金や礼金など初期費用を直ぐに準備する必要もないわけです。特に、リースバックを利用する目的はローン返済に関することのときなどは、引っ越しに必要な費用を工面することが難しい状況のケースが多いわけですから、安心できるメリットがあるのではないでしょうか。

down

コメントする